新築を建てる時現金の出費が多く大変でした。

新築住宅を建てる時、現金での出費がとても多く、大変でした。いきなり何日までに振り込んでくださいと電話があったり、基本的な外構費が含まれておらず、予算オーバーとなり予定していたガレージが設置できず困りました。工事が延期になり、つなぎ融資の利息も余分にかかったこともありました。あとはあてにしていた住宅エコポイントが、書類を揃えている間に終了したのも予想外でした貯金を切り崩したり、ボーナスをあてたりしました。最終的にローン会社から70万の振り込みの電話があり、急遽親族に立て替えてもらいました。あとは子供の貯金も少し借りたと思います。うちの地域は浄化槽なのですが、市からの補助金があったので助かりました。住宅ローン減税もあり、まとまったお金が振り込まれたりもしたので、60万円くらいは現金が戻ってきました。自分で支払わなければならない照明器具も、ネットで安いものを購入しました。資金は余裕をもって用意することは大事だと本当に実感しました。今は何とかなりましたが、当時はヒヤヒヤしました。